しなやかで、折れない心へ!~イルチブレインヨガ


学歴を競ったり、出世を争ったり・・・。何かと競争心があおられやすい現代社会。でも、ほんとうに強く生きてゆくために大切なのは「調和する心」ではないでしょうか。

 

仕事をうまく進めたくても、仲間と対立していては、思い通りにいきにくくなります。他の人の立場に立って協調関係を築くことで、互いの気持ちがひとつとなり、ものごともスムーズに運ぶようになります。

 

キーワードは「柔」です。力ずくで押し進めようという「剛」の姿勢ではなく、しなやかに柔軟に向き合う。昔から「柔よく剛を制す」と言うように、柔軟性があれば、剛強なものを上回る力を発揮することができます。たとえ力が弱くても、相手の力を借りることで大きな力を生みだせるのです。

 

これは人間関係だけでなく、自分自身への対処でも当てはまることでしょう。自分が本来備えている個性や持ち味を否定するのでなく、正面から受け入れ、上手に活用することで、唯一無二の輝きを放つことができます。

 

瞑想や呼吸法は、心を柔軟にし、調和型のパーソナリティーを育むのにとても有効だと言われています。しなかであればあるほど、心は折れにくくなるものです。

 

「メンタルは体から」「体はメンタルから」と相互に影響しあっています。イルチブレインヨガでしなやかな体と心をつくりましょう。