体幹を鍛えて下腹ぽっこり解消~イルチブレインヨガのブレイン体操「V字腹筋」


イルチブレインヨガの「V字腹筋」は、1畳スペースがあれば簡単にできるトレーニングです。下腹ポッコリの改善や体幹の強化などいろいろな効果が期待できます。忙しい人にもオススメです。

他の運動では鍛えにくい下腹の「腹直筋下部」を鍛えます。下腹部が刺激されると、腸の運動も活発になると言われます。

最初は、後ろにコロンとなってしまうかもしれません。やり方を覚えて、少しずつ慣れてくると、上手にできるようになります。腰に負担がかかりやすいので、腰が弱い方や腹筋の弱い方は、他の運動である程度鍛えてからチャレンジしましょう。

<イルチブレインヨガ「V字腹筋」のやり方>

(1)両ひざを曲げた状態で床に座り、体育座りに。両手は軽く床に置き、背骨をまっすぐ伸ばします。

(2)肩の力を抜き、意識を丹田に向けます。

(3)息を吐きながら、足を床から持ち上げます。

両ひざをできる範囲でまっすぐに伸ばします。両手を足の先に軽く添えます。

太ももの裏などが固い人は、ひざを伸ばしにくいと感じるでしょう。そういう場合は無理に伸ばす必要はありません。足の高さも、少し上げる程度でも十分です。

体勢を保つのがつらい人は、いきなり体を後ろに反らしすぎず、気持ち後ろに傾ける程度にします。

(4)この状態をキープします。

まずは1分間を目指しましょう。

目線はまっすぐ前を向きます。

慣れてきたら、体の傾きを徐々に後ろにしていきます。

足と手がプルプルしてきたら効果が出てきている証拠です。

(5)吸う息で体を元に戻しましょう。