瞑想は感情コントロールに役立つ?

感情がわきおこったとき
あなたは、どう対処していますか?

人間関係でストレスを抱えやすい時代です。

仕事や私生活で生じる怒りを
うまくコントロールすることが
楽しく生きるためのポイントになります。

感情を爆発させたり
逆に完全に抑え込もうとするのでなく
客観的に見つめ
受け入れることも大事です。

瞑想はそうした内観に
たいへん役に立ちます。

怒りも、悲しみも、深く強くなるほど
自分ではどうしていいか
分からなくなるときがあります。

瞑想によって
冷静に受け止めることができれば
心が安らいでいきます。

肉体の疲労などと同様に
怒りなどネガティブな感情にも
セルフケアが必要です。

その場で制御できたとしても
再燃の危険性のある感情については
中長期的にコントロールする方法を
身につけたいところです。

楽しさや悲しさ
怒りや不安などの感情は
体からあふれる
エネルギーのようなものです。

暑くなったら汗が出るのと似ています。

そんな感情がなかったかのように
振る舞い続けていると
深いストレスとなって
蓄積されてしまいかねません。

怒りなどの感情には
何らかの創造的な行動を起こすことに
ヒントが隠されている場合もあります。

自分の感情を理解したうえで
ポジティブなエネルギーに
転換していきたいですね。